当サイトでは分譲住宅を購入して、憧れのマイホームを手に入れたい、という方に向けた情報を発信します。
住宅を手に入れるためには多額の資金が必要となります。
そこで多額の資金を住宅ローンを活用して手に入れる、というケースが多くなるのですが、その場合扱う金額も大きくなるため、お金を借りる前にその種類や内容、借りる際の注意点について知っておくとよいでしょう。
知識をもとに自分にあった方法を選ぶことできれば、より理想的な資金計画が可能になります。

分譲住宅を購入するときのローンの組み方

分譲住宅を購入するときのローンの組み方 分譲住宅を購入する際必要となる多額の資金を住宅ローンを利用して確保する、という人は少なくありません。
しかし、お金を借りる前にローンについてよく知っておき、無理のない資金計画を立てることが重要です。
その種類は大きく民間によるもの、公的機関によるもの、協調しているものの3タイプがあります。
それそれ融資を行っているものが異なりますし、融資を受けることのできる条件も違ってきます。
まずは自分がどのタイプの融資を利用可能か検討してみるとよいでしょう。
また、融資を受ける際の金利も大きく機関によって金利が変化する変動型と、一定期間金利が変わらない固定金利とがあります。
それぞれ利点があるので、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。
このように分譲住宅を購入する際に利用できる住宅ローンにはたくさんの種類があります。
安易に決めてしまうのではなく、十分に比較検討してみることがおすすめです。

分譲住宅は注文住宅に比べると安く購入できる

分譲住宅は注文住宅に比べると安く購入できる 分譲住宅は注文住宅と違って、自分で設計に関与することができません。
しかし、安く購入できるといったメリットがあります。
同等のレベルの注文受託より安くなるのは、分譲住宅は一度に似たような家を建てるからです。
そうすると、材料の仕入れを一度に多く行うので、コストを抑えることが可能です。
一方、注文住宅の場合は個別に資材をそろえるため、その分コストが上がります。
その結果、価格は分譲住宅と同じレベルを建てようとすると少し高くなってしまいます。
確かにすでに出来上がっていて自分で同行することはできませんが、選ぶことはできます。
それに、気に入った物件を見つけることができれば安い資金でマイホームを購入できるので、選択肢として悪くありません。
基本的に建ててから売られるので、実際の建物を見て選べるメリットもあります。
分譲住宅は、さらにお得に購入できる場合があります。
新築として売ることができなくなる前に処分をしたいので、ある程度経って売れない場合は値下げがなされることがありますが、その時はねらい目です。
売れない原因は欠陥があるといったことだけでなく、タイミングが悪くて売れないだけのことがあるため、値下げされている掘り出し物がある可能性もあります。

分譲住宅の販売にあたっての予定外の費用の請求とは

分譲住宅を購入する人は、分譲住宅の販売は広告に記載している価格で全てが含まれていると考えます。物件によっては、建築にかかった費用を別途請求してくるケースがあるので注意が必要です。よく請求される費用としては、建築確認申請手数料や水道引き込み費用の費用・外構費用などがあります。この3つを売主である会社から請求されることはやむを得ない事項だと言えます。
これらの費用は、物件価格に含まれるものではなく諸費用に含まれるものだからです。分譲住宅を販売業者から購入する場合は、諸費用がかかる金額を確認しておくことが重要です。相談によっては、これらの費用を物件価格として総額で住宅ローンを組むことが出来ますから相談してみるといいです。他にも費用がかさむ項目があり、例えばカーテンは相場でも10万円以上かかることを覚悟する必要があります。諸費用を計算していなくて資金計画を大幅に上回ることが無いように確認しておくことが大切です。

分譲住宅を大手の売主から買うと安心して生活できる

分譲住宅は、出来上がった建物を実際に見てから契約をすることが出来るので、品質の良い戸建て住宅を選ぶことが出来ます。
注文住宅と比べるとプランの自由度は低いですが、キッチンやユニットバス、トイレの設備なども実際に現物を見て購入を決めることが出来るので、失敗も少ないでしょう。大手分譲住宅会社が販売している戸建て住宅であれば、売主から直接購入することが出来るので、高額な金額となる仲介手数料を支払う必要もありません。 また、大手が売主となっている分譲住宅では、保証やアフターフォローもしっかりとしているので、長く安心して住み続けることができます。
大規模な分譲宅地内にある戸建て住宅であれば、近隣の人たちと同時期に住み始めることになるので、年齢層が近い人達とのコミュニティも形成しやすくなります。大規模開発現場であれば、住宅の街区も綺麗に整備されており、街区内の道路も十分に広いので生活しやすいというメリットもあります。

分譲住宅はその土地の所有権を取得することが可能

分譲とは区分けされた土地を売却することを指しますが、分譲住宅は土地付きの一戸建てということになります。ですので分譲住宅を手に入れると同時に、その土地の所有権も取得することになる訳です。また、その権限の範囲内で自由に土地を利用したり処分したり貸し出して収入を受け取ったりすることが可能です。
分譲マンションを購入した場合も、分譲住宅と同様にマンションが建てられている土地の所有権を取得することになります。ところがマンションなどの集合住宅のときには、同じ土地に何十世帯もの方たちが暮らすことになるため手に入れた面積に合せた分だけを取得することになる訳です。
これが一戸建てとは多少異なるところで、マンションの場合は権利が共有されることになるため、自分自身の意向だけ土地を自由に利用することが出来ません。マンションに暮らす住民同士で構成されている管理組合で、相談して決める必要があります。賃貸物件の場合は、家賃を毎月の支払って住むものなので、建物や土地が自分自身の所有物になりません。

分譲住宅を他人に譲渡した場合は税金が発生することがあるので注意

新しい住まいに移り住むことなどが理由で分譲住宅を他人に譲渡するとき、譲り渡した側には多額の収入が入ってきますが、場合によってはその収入のうちの一部を翌年に確定申告を行った上で所得税や住民税などとして納めなければなりません。
通常、所得税や住民税は、法律で定められている10の所得区分ごとに所得金額を求め、それらを合算した上で税率を適用しますが、分譲住宅を譲渡して得た収入については他の所得とは合算せずに所得と税率を計算する必要があります。適用される税率は分譲住宅を手に入れてから譲り渡した年の1月1日時点における経過期間によって決まり、5年以下だった場合は所得税や住民税などを合わせた税率が39.63%、5年を超えている場合は20.315%に相当する金額を国や地方に納めることになります。
なお、所有期間が10年を超えている場合など、特定の条件を満たしていれば、確定申告をすることで課税対象所得金額や適用される税率を少なくさせることができるので節税をしたいときは積極的に活用しましょう。

分譲住宅購入にあたり通る必要がある審査

分譲住宅購入にあたり必要な審査は、現金一括で購入する場合では、特に問題はありませんが、住宅ローンを組んで分譲住宅を買うケースでは、住宅ローンの申し込みでの銀行からの承認があります。
一般的には住宅ローン事前審査というもので、個人の年収や勤務先の会社の信用性・勤務年数などが主なチェック項目になります。一般的には年収の6倍の基準までのローンを組むことが可能ですので、簡易的に支払い能力を自分でチェックすることが出来ます。また過去のクレジットカードでの延滞や割賦ローンの延滞歴など過去の事故歴を信用機関でチェックする手続きも合わせて行います。最後に大きな額のローンを組みますので団体信用生命保険に加入が義務付けされています。この生命保険はもし万が一のことがあった場合に住宅ローンを完済してくれるものですから重要です。若い年齢のうちにローンを組むほうが健康的な体で生命保険も取りやすいなどのメリットもあります。

初めての分譲住宅購入で押さえておきたいこと

初めて分譲住宅を購入する時には何かが始めたら良いのかが分からなくて迷ってしまいますが、まず最初に予算を決めて無理のない資金計画を立てることが大切です。自己資金と住宅ローンで借入できる額を考え、購入できる物件の金額を具体的に計算します。資金計画を立てたら住みたい地域を探しますが、立地は人によって選び方が異なる部分であるため、事前に家族でよく話し合っておくことが大切です。暮らす上で何を重視するのかが明確になれば、場所選びもスムーズになります。既に建てられているものが多い分譲住宅は、通学や通勤に便利な場所であることも多いのですが、それ以外にも治安や商業施設の有無、病院の場所等はしっかりと押さえておきたいところです。特に小さな子どもがいたりお年寄りが頻繁に病院に通うような状況では、病院の場所がとても重要です。あらかじめ住みたい地域が明確になっている時には、その地域の不動産屋に出向いて探してもらうのも一つの方法であり、まだ公開されていない情報を入手できることもあります。

分譲住宅の見学会でチェックしたいポイント

分譲住宅の見学会に参加したら、ただその場で楽しむだけでは勿体ないので、チェックすべきポイントを押さえて有意義な時間を過ごせるように準備をすることが大切です。ほとんどが限られた敷地の中に造られている分譲住宅は、小さな土地に必要な間取りを組み込むために生活動線が確保されていないことがありますので、まずは生活動線に問題が無いかを見ることから始めます。キッチンと洗面所、お風呂は複数の経路でつながっていた方が使い勝手は良くなります。日当たりは、季節ごとに考えるのが良いでしょう。冬に日当たりが良ければ暖房代の節約になり、夏は西日の当たらない角度になっていた方が経済的です。湿度や温度のチェックを忘れてしまう人も多いのですが、それは見学会の時にはエアコンがしっかりと働いているからです。そのため室内の湿度や温度は快適に保たれていますが、性能面に自信のある住宅はあえてエアコンを停止していることがあり、優れた断熱性を実感できます。

分譲住宅で良い区画を選ぶためのポイントとは

分譲住宅を購入する場合には、できるだけ良い区画を選びたいと言うことが多いものです。一般的には分譲住宅は複数戸が同時に発売されることが多くなっており、この場合にはそれぞれの場所によって条件が変わるため、できるだけ良いところを選ぶことで快適な生活を送ることができるようになります。 しかし条件の良い場所は1番最初に完売してしまうため、非常に熾烈な競争となる場合が少なくありません。そのため多くの会社では様々な方法を用いてすべての場所が均等に売れるよう工夫を凝らしていることも多いものです。 良い区画は非常に日当たりが良く、また周辺にこれを遮るものが建築される恐れが少ないことが条件ですが、分譲住宅を販売する会社の中にはその条件を隠して販売することも少なくありません。事前に様々なところから情報を得ておくことが重要であり、また実際に現地を確認してその条件なども自分自身で把握しておくことが大切です。南側に新地等がある場合には十分に注意が必要で、現地視察を十分に行っていくことがポイントとなっています。

分譲住宅が安い理由を知っておくとよいことがあるかも

分譲住宅が安い理由を知っておくと、自分にとっての住宅選びに役立つ情報を得ることができます。以下に住宅が安価な理由について説明します。 大量生産分譲は、一括で建設資材を調達し大量生産されるため建設コストが抑えられまた、建設工期が短縮されるため、労働コストも削減できます。これらの理由により分譲住宅は一般的に建設費用が抑えられるため、安価な価格で提供されるのです。 住宅は開発地が選定された上で建設され開発地の選定には、交通アクセスや周辺環境の整備などが考慮されます。このような整備が進んだ土地に建設することで分譲の付加価値が高まるでしょう。しかしこれらの整備が進んだ土地は、土地価格が高くなる傾向があり分譲住宅の開発業者は、開発地の選定において土地価格が比較的安価な場所を選定することがあります。これにより分譲の価格が抑えられることがあるのです。 分譲は開発業者が施工業者を選定して建設され施工業者は、品質の高い住宅を建設することを目的としていますが、開発業者との契約に基づいて建設コストを抑えるための工夫もするでしょう。例えば施工業者が特定の建設資材メーカーとの取引により、割安な建設資材を入手している場合、分譲住宅の価格に反映されることがあります。

分譲住宅の施工過程を知ることはできるのか

分譲住宅の施工過程について一般的な情報は入手できます。分譲住宅は複数の住宅を同時に建設するため、一般的に大手ハウスメーカーや工務店が担当しています。施工過程は大まかに以下のような流れになるのです。 まず、敷地の地盤調査や地質調査が行われその後、基礎工事に着手し地下部分の基礎や地盤改良が施されるのです。次に、木造住宅の場合は木材の加工や建て方、鉄骨造や鉄筋コンクリート造の場合は骨組みの組み立てが行われます。屋根や外壁、内装などの工事が進められ配管や配線の施工、給排水設備やエアコンやヒーター・照明器具などの設置が行われます。最後に内装仕上げや塗装や外構工事が行われ、住宅が完成するのです。 このような一般的な情報は、住宅メーカーや工務店の公式サイトやパンフレットまたは関連書籍やウェブサイトで入手できます。実際に建設現場を見学することができる場合もあるのです。ただし施工の過程の詳細な情報や技術的な知識については、専門家や現場作業員に相談する必要がある場合があります。

おすすめの分譲住宅情報サイト

明石の分譲住宅

新着情報

◎2023/5/15

情報を更新しました。
>初めての分譲住宅購入で押さえておきたいこと
>分譲住宅の見学会でチェックしたいポイント
>分譲住宅で良い区画を選ぶためのポイントとは
>分譲住宅が安い理由を知っておくとよいことがあるかも
>分譲住宅の施工過程を知ることはできるのか

◎2022/7/25

情報を追加しました。


>分譲住宅の販売にあたっての予定外の費用の請求とは
>分譲住宅を大手の売主から買うと安心して生活できる
>分譲住宅はその土地の所有権を取得することが可能
>分譲住宅を他人に譲渡した場合は税金が発生することがあるので注意
>分譲住宅購入にあたり通る必要がある審査

◎2021/11/17

妥協が必要なケースがある
の情報を更新しました。

◎2021/8/27

分割払いが多い
の情報を更新しました。

◎2021/6/30

サイト公開しました

1人そうですかね?カスカスのラグと硬いフローリング素材。安い分譲住宅感。貧困層ではないけど〜、、くらいかなと思います。

-->